更新時期とデータソース

1. 更新時期等の概要

AJPIとAJPIは、原則として、前月末日(基準日)までに得られたデータを基準として、翌月末までに、毎月公表されます。具体的には、それぞれのダウンロードページのDatabookファイルの更新版がアップロードされることにより、指数値が更新されます。したがって、指数の利用者は、常に最新のDatabookをダウンロードすることができます。

公表される指数値は、確定値(Final figures)と速報値(Preliminary figures)から構成されています。速報値は、ファンドの一部のデータを用いて作成される指数値であり、基準日の2か月前(公表月の3ヵ月前)の指数値から公表が開始されます。一方、確定値につきましては、データが出揃った上で確定される指数値であるため、概ね、基準日の8ヵ月前(公表月の9ヵ月前)に確定することとなります。

この速報値と確定値との間にも、毎月の月次指数が公表されていますが、ファンドのデータ入力が進むことにより、速報値をボトムとして、確定値まで、指数としての精度・信頼度は上昇していく性質があります。

2. データソース

AJPIとAJFIは、上場されているREITの公開データとAJPI Support Memberから提供を受ける私募・非上場不動産ファンドのデータから作成されています。

私募・非上場ファンド

非上場・私募ファンドのデータは、保有不動産とファンド自体の会計的なパフォーマンス情報から構成され、各ファンドの決算期から約3カ月後を目処に、各メンバーから提供されます。各ファンドの決算期末月が、ファンドによって異なりますので、決算期が到来したファンドのデータが、順次指数に取り込まれます。前述の通り、一部ファンドのデータのみ対象とする場合の指数は、速報値として公表されます。

上場REIT(J-REITs)

上場J-REITのデータは、原則として、公開されている資料から指数作成に必要な情報を収集し入力しています。原則的には、以下の順に優先的にデータとして採用します。

  • 第1順位 決算短信
  • 第2順位 決算説明会資料(参考資料・補足資料等が含まれます。)
  • 第3順位 資産運用報告
  • 第4順位 有価証券報告書

優先順位上位の資料にデータ開示がない場合、より下位の資料を順次参照して採用データを確定させます。