新AJPIの概要

ARES Japan Property Indexについて

ARES Japan Property Index(新AJPI)は、国内不動産に投資を行うコア・ファンドが保有する投資用不動産の運用実績(パフォーマンス)をユニバース(母集団)とした不動産投資インデックスです。

投資インデックスは、ある投資期間内に、実際に得られた賃料収入をベースとしたインカム(Net Operating Income)と当該期間の保有不動産価格(外部鑑定評価額)の変動をベースとしたキャピタル(Capital Appreciation)の多数のデータをユニバースとして、インカム・リターンとキャピタル・リターンを加重平均して指数化したものです。

新AJPIの概念図


※ 未実現評価損益増減額 = 期末鑑定価格 − 期首鑑定価格

新AJPIは、(1) 非上場・私募ファンドの運用会社からデータ提供されるコア・ファンドの保有不動産の運用実績(非公開データ)と(2)純粋なコア・ファンドとして位置づけられるJ-REITの保有不動産の運用実績(公開データ)から得られるインカム・リターンとキャピタル・リターンを加重平均して指数化したものです。

REITの採用

日本のJ-REITは、諸外国のREITと下記の点で異なり、プレーンなコア・ファンドと位置付けられることから、新AJPIのユニバースに採用しています。

  • 開発等のノンコア投資を行わない賃貸事業特化・長期保有目的のファンドであること
  • 物件単位でNOIと外部鑑定評価が年2回ディスクローズされていること
  • レバレッジ水準も概ね低い水準にあること


AJPI Fact Sheet
名  称ARES Japan Property Index
概  要コア・ファンドが保有する国内投資不動産のパフォーマンス指数
公表指数等
  • 2001年12月31日=1000とする月次リターン指数
  • 四半期・年次収益率(インカム、キャピタル、トータル・リターン)
  • 用途・エリア別等のサブインデックス
  • ユニバース: 物件数、資産総額、平均稼働率、利回り等
算出方法 物件毎の投資期間中のインカム(NOI)とキャピタル(外部鑑定ベースの評価損益の増減)の収益率を加重平均し、指数化
インカム・リターン + キャピタル・リターン = トータル・リターン
※米国NPI(NCREIF Property Index)の算出方法(Methodology)に準拠
情報提供 月次更新
ARES WebサイトからDatabookを無償ダウンロード可能
情報ベンダー(Bloomberg等) を通じて無償提供予定
ユニバース
  • 国内不動産私募ファンド(コア型等)が保有する不動産と公表されているJ-REITの全保有不動産
  • 機関投資家の投資対象となるクオリティを有する投資不動産(Institutional Real Estate)が取引されるコア市場の高いカバー率を目指し、ユニバースを充実させる方針